おおきな木
おおきな木
Level.★★☆☆☆

木と少年は友達であった。ともに遊び,心を通わせていた。やがて少年は大人なり,お金が必要になる。木は「私の果実を売りなさい」と言う。少年は果実をすべて持っていった。しばらくして,少年は結婚することになり,家が必要になる。木は「私の枝で家を建てなさい」と言う…。イギリスの作家でロックミュージシャンのシェル・シルヴァスタインの作。
© BedTime Story


動画1  
閉じる