戦争がやってくる(プロパガンダ映画)

戦争がやってくる(プロパガンダ映画)

 Level. ★★★☆☆

戦意高揚を目的として,第2次大戦中にアメリカで制作されたプロパガンダ映画「Why We Fight (なぜ我々は戦うのか)」シリーズとして,1942~1945年に合計7作制作された内の最終作「War Comes to America」。プロパガンダ映画としては最も有名なシリーズで,アメリカでは広く上映された。
本作は戦争末期の1945年6月に公開された。映画には描かれていないが5月にドイツは既に降伏しており,日本も8月に降伏し第二次大戦は終了する。既に勝利が確定している時期の作品のため,比較的ゆったりした内容で,特に前半部ではアメリカの歴史と誇り,物質的な豊かさが描かれている。

【注意】明らかに事実と異なる部分や捏造,誇張されている部分が見られます。ただ批判も大きかったため,以前のシリーズほどの過度な捏造や人種差別的な内容は含まれません。なお映画中に,日本軍に殺されたとされる中国の民間人の遺体が登場しますが,現在では無関係のフィクション映画の流用であることが立証されています。
© US.government(Copyright extinction)


  動画 1       動画 2       動画 3       動画 4       動画 5       動画 6       動画 7       動画 8    
閉じる