ご利用案内


スラッシュリーディングにより複雑な英文でもシンプルになり,文の構造を把握する力が身に付くとともに,より正確に,より速く理解できるようになります。


1.レベル(目安)


  • ★☆☆☆☆ 高校初級(英検3級,TOEIC300)
  • ★★☆☆☆ 高校中級(英検準2級,TOEIC450)
  • ★★★☆☆ 高校上級(英検2級,TOEIC600)
  • ★★★★☆ 大学以上(英検準1級,TOEIC800)
  • ★★★★★ 上級者向け

2.学習補助


学習補助 文構造とルビ訳(上)

 文を句や節で分割し(スラッシュリーディング),難しい語彙にはルビ訳を添えました。返り読みを避け,英語の語順のまま理解するトレーニングができます。

訳(下)

 スラッシュごとに直訳を付けました。分かりにくい部分にはコメントを添えたので,英語特有の表現に慣れることもできます。

 ※動詞の訳は,原形の意味をカッコ付きで表示しています。




3.設定


設定 ルビ訳(目安)
 ルビ訳が付く語彙のレベルが変わります。

 高校初級L 高校中級以上の語彙。

 高校L 高校上級以上の語彙。

 大学L 大学以上の語彙。

文構造
 非表示にすることも可能です。

 スラッシュ 句ごとの区切り(名詞句,副詞句,形容詞句)。

 カッコ 名詞のまとまりのうち,特に分かりにくい部分。

 二重カッコ 挿入のうち(語,句,節),特に分かりにくい部分。

再生速度

 動画上で選択できる再生速度を2つ選びます。

※変更内容は次回の再生時より反映します。

※同一の語彙でも,動画によりレベル表記が異なることがあります(語彙の意味の推測のしやすさ,語彙が特殊な意味で使われているなど)。



4.字幕の一括表示


字幕の一括表示 ビューア下部で,字幕(ルビ訳)や訳を2つ選択し[表示]をクリックすると,字幕や訳を一括表示できます。
※A4サイズでの印刷に最適化しています。


5.スマートフォンでの視聴


スマートフォン 課金中の方は,ご使用の会員番号でPCや他のスマートフォン(アプリ)でも,追加料金無しで全ての動画を視聴できます。利用できる端末数に制限はありませんが,同時ログインは1端末のみです。

※2台の端末で同時にログインした場合,後にログインした端末が優先されます。




6.課金(Amazonペイメント)


30日 1,000 円(税込み) (ご購入ページ(Amazonペイメント)
すべての動画を無制限に視聴できます。他のPC やスマホアプリでも,追加料金なしで視聴できます(同時接続は1端末のみ)。
【注意】ご購入いただく場合は,先に会員登録をし,ログインをお願いいたします。

※期間には購入日を含みます。課金は継続されますが,30日単位でいつでも解約可能です。


Amazonマーク 【Amazonへのお問い合わせ】
TEL:0120-999-373(携帯電話も可,24時間対応)
フォーム(メール,電話)


【課金停止】
Amazonの定期購入契約の管理ページ( 定期購入の管理 )からお手続きください。

※課金期間が残っている状態で解約された場合でも,残りの期間は継続してご利用いただけます。




7.コンテンツのクレジット(著作権)について


コンテンツは権利者様の許可を得た動画,クリエイティブ・コモンズの動画(CC BY 3.0),権利の消滅した動画(古い映画など)のいずれかを使用しています。クレジットは個々の動画ページに記載しています。







 

スラッシュリーディング


スラッシュリーディングは句や節ごとに英文の意味を取るテクニックで,複雑な英語でもシンプルになります。
  • 分かりにくい語彙や文法・語法があっても意味を推測しやすくなる。
  • 難しい英文の読解において特に効果が高く,中級レベル(英検準2級(TOEIC450)程度)以上の学習者のトレーニングに向いている。
  • 文構造や文法,語法などに注意しやすくなり,とかく単調になりがちな多読多聴学習での利用に向いている。

※スラッシュリーディングなどの学習サポートは,学習時に非表示にすることも可能です。




スラッシュリーディング


スラッシュリーディングについては多くの研究がなされており,学術的に効果が実証されています。例えば,国立情報学研究所が運営する論文データベースのCiNii(サイニィ)では,検索語彙にもよりますが日本語の論文が数十件~100件以上ヒットします。

また,アメリカでは古くから移民の英語学習プログラムに採用され,最近では日本の高校の授業にも取り入れられ,教科書会社からは学習用の書籍やソフトウェアなども販売されています(東京書籍,啓林館,成美堂,開隆堂,文英堂,数研,教育出版 他)。

※スラッシュリーディングはチャンクリーディング,センテンスリーディング,フレーズリーディング等と呼ばれることもあります。





区切る位置

1.句や節

 具体的には,前置詞,接続詞,関係詞,不定詞,動名詞,分詞,that節・疑問詞節・whether節の前で区切る。

2.長い名詞のまとまり

 主語や目的語,補語が長いときは,全体をまとまりとして捉える。特に主語が長くなると,意味を取りにくくなる。

3.挿入部分

 挿入部分の前後には,カンマが入ることもあれば入らないこともある。特に挿入部分が長くなると,前後の意味が繋がりにくくなる。

※EEvideoでは,学習補助として1にはスラッシュ,2にはカッコ,3には二重カッコを添えています(2,3は特に分かりにくい場合のみ)。


スラッシュリーディングはテクニックの要素が強く,トレーニングで強化することが可能です。

上記の「1.句や節」の区切りでは使われる語彙が決まっているため,ある程度まで機械的に行うことができます。そのため,これらの語彙を手がかりに1~3を並行して行っていくのが理想的です。これにより英文がシンプルになり,分かりにくい語彙や文法・語法があっても意味を推測しやすくなります。


学習サポートの詳細資料(PDF)