■1章. 不定詞,動名詞,分詞
   動詞にto-,-ing,-edがついた表現


このページでは章のポイントをかんたんに説明しています。


動詞は,おもに「どうする」と動作を表すことばです。しかし,動詞の原形にto〜,〜ing,〜edなどがつくと動詞以外のはたらきをします。このような表現をまとめて準動詞といいます。

 

■1. to-動詞:不定詞

@ 名詞のはたらきをする<〜すること>

   To love people   is not easy.

     人を愛することは        容易ではない

 

A 名詞をうしろから修飾する<〜するための など>

 She didn't have money   to take a bus.

 彼女は お金がなかった         バスに乗る(ための)

 

B おもに文末におかれ目的などを表す<〜するために など>

 He worked hard   to win the scholarship.

 彼はけんめいに勉強した    奨学金をもらうために

 

■2. 動詞-ing

@ 名詞のはたらきをする<〜すること>:動名詞

 Thanks   for visiting my website.

 感謝します    私のウェブサイトを訪れ(ることをし)てくれて

 

A 「〜している」の意味を表す:現在分詞,進行形

 She poured   boiling water   into the cup.

 彼女は注いだ         沸騰している水(湯)を      カップに

 

■3. 動詞-ed(過去分詞)

「〜される,〜された」の意味を表す:過去分詞,受動態

It is said that   arranged marriages do not exist   in America.

〜と言われている        見合い(取り決められた)結婚はない(と)             アメリカには

※過去分詞には不規則変化するものも多くあります。

 

このように,準動詞には不定詞,動名詞,分詞,進行形,受動態などのたいへん多くの文法表現が含まれます。どれも重要なものなので,使いこなせるようになれば,英語を読んだり聞いたりするときの大きな助けになります。

 


■ココに注意! 準動詞にはもとの動詞の語順が生きている

  英語の動詞のまとまりの語順にはルールがあり,最初に核となる動詞,次に「〜を」にあたることば(目的語),最後に前置詞や副詞がきます。この語順は準動詞にもそのままあてはまります。日本語とほぼ逆になるので注意しましょう。

 

@ It is hard   to tell the right from the wrong.

    〜は難しい         正しいこととまちがったことを見分けることは

 

A He is old enough   to tell the right from the wrong.

    彼はじゅうぶんな年齢だ       正しいこととまちがったことを見分けるには



■UNIT.1〜8

■UNIT.9〜15

次へ

Copyright (C)2011-2020  EEvideo Project All rights reserved.