■7.動詞-ing@ 名詞になる



His only fault is getting up late in the morning.  

※欠点 


■動詞+ingは「〜すること」という意味のひとまとまりの名詞のはたらきをします。


His only fault is   getting up late   in the morning.

彼の唯一の欠点は        遅く起きること(だ)             朝に

getting〜は名詞のはたらきをし,be動詞の補語になっています。

POINT 〜ingは基本的にふつうの名詞と同じように使われ,主語や補語,目的語などになります。Unit01で学んだto〜(不定詞の名詞的用法)と使われ方は同じです。    

注意ingはふつうの名詞のように前置詞のあとにもおかれますが,to〜はおかれません。




■応用力をつける
      

@ Listening to English is as difficult as speaking in English.

A Expanding horizons1 should open our eyes to a better understanding. 

B We should not deceive2 ourselves by pretending3 to know what we do not really know.  

C The artist is used to4 being attacked by critics5.     

D I was so upset at the thought of her laughing at me.       

E If I have too many6 things to do, I don't feel like doing anything at all.  

1視野 ※2だます ※3pretend:ふりをする ※4慣れている ※5批評家 ※6動揺する


@ Listening to English   is as difficult   as speaking in English.

    英語を聞くことは                    同じくらい難しい            英語を話すことと

Listening〜は主語になり,speaking〜は前置詞のあとにおかれています。


A Expanding horizons   should open our eyes   to a better understanding.

視野を広げることは                  私たちの目を開くだろう                よりよく理解することへ

Expanding〜は主語になり,〜understandingは前置詞のあとにおかれています。


B We should not deceive ourselves   by pretending to know

私たちは自分をだますべきではない                  知っているふりをすることによって 

what we do not really know.

実際は知らないことを      
   ※pretending〜は前置詞のあとにおかれています。


C The artist is used  to  being attacked   by critics.

その芸術家は慣れている          攻撃されることに         批評家から

※〜ingの受動形(〜されること)は<being+過去分詞>。


D I was so upset   at the thought of  her laughing at me.

私は動揺した             〜という考えに           彼女が私を笑っている   

※〜ing の意味上の主語は,所有格の名詞や代名詞で表されます。


E If I have too many things to do,  I don't feel like doing   anything at all.

私はしなければならないことがたくさんあると         〜したい気がしなくなる             まったく何も

feel like〜ing:〜したい気がする





次へ

Copyright (C)2011-2020  EEvideo Project All rights reserved.